よーたの心のままに、感じたままに・・・

よーたが日々感じた事を感じたままに、心のままに勝手に発信するブログ。

マイナ保険証と資格確認書、あなたはどっち?安全なのは?

 

こんにちは、よーたです。

 

牛乳を始めとする乳製品も、とうとう中国産が日本に大量流入してくる気配ですな。

明治の新拠点が中国に。

 

 

日本の酪農家には乳牛を廃棄させ、親牛を殺処分させておいて、この度中国と仲良く乳製品製造・・・・

 

ま・・まま・・まさか・・・

このために日本の酪農を?!

 

ま・・まま・・まさかね・・・アハハハ・・・アハハハ

 

さて、混乱・・・どころか、国民にとって由々しき問題が大発生中のマイナ法案が成立する見通しとの事ですな・・・
国民の意見、国民の安心・安全は置き去りで、利権と【監視目的】が独り歩きし成立する予感だ。

 

国民の大切な個人情報がどうなろうと関係ないのでしょうな。

 

特に👇この人👇

 


こやつは何だって推し進めるだけ推し進めて、問題が起きたら『知らなかった』『そういう意味で言ったんじゃない』などと子供じみた言い訳と共に逃げるわけだが、そんな奴が押しし済めてきた案件、そして問題山済みのマイナカード・・

 

という事で、今回は、マイナ保険証資格確認書、あなたはどっちを選びますか?という事を考えていきたいと思います。

◆ワクチン接種と同じ流れがマイナ登録で・・『デジャブです』

 

2万ポイントと引き換えにお前の個人情報をさらせ・・あ、じゃなくて、2万ポイントやるから日本人の個人情報流出に手を貸せ・・じゃなくて、じゃなくて・・2万ポイントやるから口座情報を漏らせ・・じゃなくて、じゃなくて・・ぇえっと・・あ、2万ポイント付与でマイナンバーカードを登録しようというキャンペーンが日本全国で推し進められ、多くの方々がマイナンバーカードに登録した事と思います。

 

そして今現在、問題多発・・・

 

 

 

 

なんでしょうかね・・コレ・・

 

太郎:ワクチン推奨

国民:8割接種

問題:大発生

 

太郎:マイナ登録推奨

国民:7割登録

問題:多発

 

・・・

・・・・・

 

ぇえっと・・

えっと・・

 

同じやな

 

という事で【難あり案件に太郎あり】なわけであるが、コロナワクチン接種と全く同じ流れがここにある。

某県は、マイナンバーカード登録をした家庭の給食費は無料になるが、登録してない家庭の給食費は有料・・・という鬼畜交換条件を出してまでマイナ登録を推し進めた自治体もありましたな。
登録件数が多ければ多いほど、その自治体への交付金額が増すというシステムがあったわけだが、コロナワクチン接種人口が多ければ多いほど、その県には多く交付金が出た・・というシステムとこれまた同じである。

そうやってあの手この手で進められてきたマイナカード・・

 

 

マイナカード登録させたい国金欲しさに必死で推し進める各都道府県(自治体)2万ポイント欲しさに登録する国民情報てんやわんや

◆マイナ保険証『義務ではない』は小さな声で

 

2024年からマイナ保険証の一本化に・・・と言っているわけであるが、マイナンバー登録をせず保険証との紐づけをしてない者はまるで『今後保険証を持たない事になりますよ』『国保や社保での医療受診ができなくなりますよ』『しいては怪我をした時や病気になった時は、高額実費負担になりまっせぇ~~』みたいな空気を出しているわけだが、ひっそりと、

 

義務ではない

 

という説明もしている。
小さな声で言っているのだ。

 

ここら辺もコロワク接種同様、まるで義務かのように見せるが調べれば実は『義務ではない』という事がハッキリとわかる流れ。
マイナ登録に関して、デジタル庁はHPに『義務ではない』と記載している。

コロワクキャンペーンの時もそうであった、まるで義務かのような風潮を作り『迷ってる者も打ちたくない者も、みんな打て』としたが、コロワクも義務ではなく、その旨が厚労省のHPに記載されていた。
そこらへんのアナウンスは一切なく、努力というややこしいワードを乗っけて【努力義務】と発信し続けた事で当時はコロワク接種が国民の義務であるかのように見せかけた。
そして国民の思考を『ワクチンを打ってない奴は非国民、そう反ワクだ!!』と誘導し、ワクチンを打ってない者は はみ出し者・・みたいな風潮が作り上げられた。

 

2024年からのマイナ保険証でも、そういった動きがひとつふたつあるのではなかろうか?
マイナ保険証持ってない奴は大人としてどうだ、こうだ、ああだ・・とか、会社内でマイナ保険証持ってない奴は変わりもん、偏屈な奴・・というレッテルを張る誘導でもするんじゃねぇか?と今から懸念しているよーたである。

と、まぁ・・海外スポンサーや外資系大株主に動かされているテレビや大手ネットニュースだけ見ていると、マイナ保険証に関して又もや義務だと勘違いする人も多いのではなかろうか。

 

しかし、マイナカードの申請・取得は義務ではない

 

👇デジタル庁のQ&A👇にも書いてあるが、

 

カードの取得は義務ではない

 

という事である。

◆マイナ保険証と資格確認書どっちがイイか

 

マイナンバーカードと保険証を紐づけしたマイナ保険証を持つのと、マイナ保険証を持たずに【資格確認書】を持つの・・どっちが安全?という事であるが、

 

 

と、よーたは思う。

 

保険証を紐づけたら違う人間の情報が登録されていたなんて問題が発生する保険証なんざ、

持ちたかないわ

という事である。

 

見てビックリ、違う人間の情報が登録されていた・・という事は、自分の情報も他人に漏れているという事である。

 

ではマイナ保険証になった際の利用者側のメリットはというと、医療機関受診の際の手続きが【簡単・時短に】とよく言われている。
病院での滞在時間がその分減るなどとも言われているが、

 

大病院の待ち時間、

ナメんなよ

 

という事である。

 

手続きの時間が少々短くなってイイね♪と言うが、そんなモン・・その後すぐ木端みじんにされるほどの


という事である。

 

事前に予約して予約時間前に来院しても、急病患者の横入り、先生にドえらい量の質問をするご老人の次の次の次の場合、開院時間に合わせて来院したのに待合室が患者でごった返してた時の恐怖・・・などなど病院での待ち時間というのは、受付時間なんざ問題じゃない。

街のクリニックとて同じだ。
病院での【待ち】というのは、様々な要因が重なり発生するのだ、あるいは単なる【混雑】によるものだ。

受付時間なんかじゃない

 

この他、マイナ保険証のメリットは、

自分の特定健診・薬・医療費の確認ができる

同意すれば医師や薬局で自分の情報を共有してもらえる

高額療養費制度の対象となる支払いがラクになる

などがある。

 

が、しかし、

 

自分の特定健診や薬、医療費の確認ができる・・は、この情報の誤登録が大発生しているわけである。

同意すれば医師や薬局に自分の情報を共有してもらえる・・も、誤登録大発生で、てんやわんやであるし、これは国民薬漬け政策で出来た【お薬手帳】で十分だ。

高額療養費制度の対象となる支払いがラクになる・・この高額療養費制度は、今現在は自身で立て替えてから請求するか、限度額適用認定証を発行する必要がある。
マイナ保険証ならコレが面倒な手続きをしなくとも自動的に免除されるようだが、今のマイナシステムや役所の対応では、こちらも『免除されてねぇぞ!!』とか『高額療養費制度を利用したのに利用してない事になってんぞ!!』なんて事になるんじゃないですか・・・という不安が募る。

 

という程度のメリットと引き換えに、背のりOK、情報漏洩ヨロシク、他人の保険証でビックリドッキリ、他人のくすり処方されてガッツリ副作用・・・なんて危険性があるマイナ保険証なら、

 

資格確認書でええわ

 

と、思うわけなのです。

◆最後

 

昨今は、便利、スマート、人権、感染というワードを利用して良からぬ物ばかり推し進められると感じる。

便利になるという事は良いことだが、その利便性は、危険性と比較しても本当に取り入れたいものなのか・・・自分でしっかり考えなければならない。

 

しっかり考えるべき事はマイナ保険証だけではない。

 

ナゼ?と思ったり、本当に?と疑ったり、大丈夫?と心配しなければならない事が溢れんばかりにある。

 

コロナワクチンで守ったものは何だったのか、人権で守ろうとしているものは何なのか、守られるべき人が本当に守られているのか、便利の裏側にある危険性の度合いはどの程度なのか、メディアが発信する義務風は風であって義務ではないではないか、戦争は良くない、平和だピースだ言っている者達が戦争を終わらせないために躍起になっているのはナゼか、日経平均3万円台の際に株を買われまくっていた業種は何を意味するのか、世界各国の建物の窓が不自然に地面に埋まっているのはナゼなのか・・・

と、ナゼを言い出したらキリが無くなるよーたなのでここら辺にしておくが、どんな事も『ん?』と疑問に思い考え調べ、自分の直感や本能を信じ、そして集めに集めた情報を精査し【判断】【決断】に到りたいものである。

そのためには、やはり第三の目と称される松果体を弱らせず常に活性させておきたいですな。

 

そして、研ぎ澄まされた松果体をもってしてマイナ保険証の有無に挑もう!! というわけなのです。

 

あい。

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

ランキングに参加しています!

ポチっとして頂けると励みになります!

 
食生活・食育ランキング

にほんブログ村 ダイエットブログ 40代女性のダイエットへ
にほんブログ村